気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

カテゴリ: 英検

兄は先日、英検の準一級を受験してきてます。
(今回は妹ちゃんはスキップ)

結果を聞いてみると、どうも無理っぽい。
兄の感触はたいてい正確なので、再度チャレンジかな。

つか兄は今回ほとんど英検用の準備をしてなかったらしい。
そりゃ手ブラで受けても受からんよ。
昔の父の経験では、準一級は二級までとは難易度のレベルがちょっと違います。
急に難しくなったなと感じたのを憶えてます。
(今もそうかはわかりませんが)

兄は例のS-CBTで準一級に受かればいいと考えていたらしく、今回は様子見だったらしい。
よくわからない理屈ですがw、確かにあまりモチベーションを持ちにくい感じだったのかも知れません。少なくとも別の何かがあれば後回しにされるような状況だったでしょう。
兄の中で重要度の低い試験だったのかも。

なんというか、、、いや今回何の準備も無く臨んだのは完全に兄の問題で、別に誰かのせいにしたいわけではないですが、この制度に文句の一つも言いたくなりますね。
少なくとも受験生目線では、合格する事の意味があまり無いのですからね。。。。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

例の共通IDの件ですが、再度確認したところ、高校側で一括して申し込んでくれるとのこと。
ということで兄個人としては、英検S-CBTの予約だけしとけばいいと。

いうようなことを嫁および兄と再確認しました。
S-CBTの方は来年受験になるので、準一級を受けると、、、

と、嫁が「10月に準一級受けるよ」と言い出しました。
なんでやねん? そのノーマルな英検は合格しても大学受験時にスコアとして反映しないんだっつーの、と言ったのですが、それでも受けると。

「とりあえず準一級受けてみて、結果を見てS-CBTで受ける級を決めたほうが良くない?」

いやまてまて10月に準一級受かったら?

「もう一回準一級受ければいいでしょ。そしたら受かるよ」

どうやら嫁は準一級は兄にはハードルが高いと考えているようです。
二級の試験結果を見ても、確かに余裕のある成績ではなかったので、それが気になってるのでしょう。
一方父は、兄は問題なく受かるだろうと見ています。その差なのですかね?
いずれにせよ、一度合格した試験を再度受験するというのは徒労感がハンパないというか、、、

で、嫁のこの主張に、兄は特に文句もないのです。

兄の高校は大学の付属校ですが、実は大学への内部進学の場合、従来型の英検であっても評価に組み入れてくれるのです。
つまり内部進学を考える場合、嫁の言い分には一定の意味があります。すでに受かるチカラがあるなら、先延ばしにする意味こそ無いのです。

うーん、本人がそうなら父としても反対しませんが、、、
(つか受かってもまた受けるんよ?)


と話は決着しましたが、それとは別に、ああこれが受験機会の格差か、などとボンヤリと考えました。
一回無駄に?受験出来るのは、(首都圏なので)受験会場が近場に多くある気楽さや、経済的余裕があるからでしょう。(そんなに余裕ないですけどね。。)

この国のどこかには、気楽に一回無駄にするつもりで英検を受験する、なんてできない高校生もいるのかもしれません。
幸い兄はそうではありませんが、、、
確かに一発勝負の大学入試が良い訳ではないのはわかりますが、これがその改善、よりフェアな制度なのかなあ、などと。。。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

例の大学受験の際の共通ID、兄も手続きをしなければいけないのではないか?
その辺のことを本人に聞いてみてもどうも要領を得ない、、、というか本人分かってないだろ。

嫁が言うには、どうも兄の高校はIDの申し込みをやってくれないようで、各人が自分でやらなければいけないらしいよ、とのこと。
こないだ保護者会に行って聞いて来たのですが、詳しくは聞いてないらしい、というかあまり仕組みを理解してないのでよくわからずに話を聞いてたらしい。
さすがに学校側はちゃんと説明したと思うぞ。。。

兄は高2ですが、仮に個人で申し込むとなると、もうそろそろ手続きが出来るようになる。
(11月らしい。しかしこの仕組み、どうにかならないですかね?)

兄にパソコンで検索させ調べさせたのですが、結局よくわからないとのこと。
ITリテラシー低っ!

父が代わりに調べ、大まかにはわかったのですが、問題は高校側で申し込んでくれるのかどうか。
高校側でも申し込み、そうと知らずに個人でも申し込んでしまったら、なんか面倒なことになりそうな予感が。。。。

一方、英検S-CBTの予約ももう始まっており、兄は英検を使う予定なので、こっちこそ先にやらないと。

個人的に制度に対する不信感が根深くあり、どうにも積極的に調べる気にならないのですよね。
無論兄の受験を考えればそんなことは言ってられないのですが。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

大学入試の英語の民間試験活用、いろいろ不満が出てるようですね。
正直、受験生側としては、出てきた結果に対応するしか無いので、制度変更の評価をしてる場合じゃありません。

兄は現在高2なので、まさにこれの直撃を受ける世代な訳ですが。
とりあえず高3になってから合格した試験がスコアになる訳なので、この夏の英検はスキップし、来年になって準一級取得を目指します。
(しかしおかしな仕組みですね、、、)

なんか準備状況などをみても、実際のところ、試験の形式が固まりきっておらず、まだ流動的な印象を受けます。
とはいえ多分従来型の試験の継続というカタチにはならないでしょうね。
なんらかの変化だけはさせてくるでしょう。
(役所の体質なり現政権の性格なりを考えるとね)

実は父も、かつて旧「共通一次試験」から現在のカタチに変更になる頃に大学受験をしたクチです。
それを思い出してみても、結局全員が同じ形式の試験を受けるのだから別にどうでもいい、という感じだったのを憶えています。
むしろ去年の経験を生かせない浪人生こそ気の毒に、、、などと考えていましたw

まあ当事者はそんなに気にしてないものなのでしょう。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村




この日曜日に妹ちゃんの英検2次試験がありました。
2次というと面接な訳ですが、妹ちゃんとしては当然初めて。
試験会場も行ったことの無い場所で、アウェーに弱い妹ちゃんとしては非常に不安もあったのですが、話を聞くとどうも何とかなったらしい。

そもそも2次試験とはどのようなものか? 
妹ちゃんのクラスメートには3級の2次に2回落ちたという子がいるらしく、戦々恐々としてましたが。
(ということは、また1次から受け直しですよね。。。)

前日までに経験者の兄に様子を聞き、YouTubeで関連動画を見て(まったくいい時代です)、だいたいこんなもんだろ的なイメージは持っていたようです。

そのおかげか、一通りの応対はできたらしい。
とにかく渡されたカードの内容を理解でき、面接官の話す内容が分かり、とりあえず問いには答えられた。

そういうことなら、親としては、よほどトンチカンな答えでもしてない限り悪い結果にはならないのではないか?と思ってしまいます。
3級くらいだとそんなにシビアではないですよね。。。

父が学生のころに受けた時は面接はネイティブの外国人でしたが、今回の妹ちゃんも先週の兄も日本人だったそう。
さすがに首都圏は受験者数も多いし、ネイティブスピーカーばっかり集められないか。
(父は札幌)

妹ちゃんの学校にはネイティブの先生がおり、頻繁にコミュニケーションしてるのですが、そのアドバンテージも生かされず。
つか英検用に買ったテキストに付いてたCDの音声(2次面接用)聞いて

何いってるか全然わからん

とか言ってたが、、、本番ではゆっくり喋ってくれたのかもしれません。。。

ちなみに妹ちゃんは1次の時は前夜に体調不良で倒れてましたが、今回も前日から微熱と鼻水が止まらなくなり、ヒドいコンディションでした。
寒かったからだろうか。
なんというか、運の無い子や、、

帰りに、試験に付き添った嫁と団子を食べて帰って来たようでした。
「男はつらいよ」と関係のあるものだったらしく、帰宅して父に寅さんってなに? などと聞いてきた。
そうですかもうアナタ聞いたこともないですか寅さん。。。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ