気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

2019年03月

春から高2になる兄の塾は、通いやすいという立地の観点から東進ハイスクールが有望。
あとは本人がしばらく通ってみて感触を見るという感じです。

それに先立ち、兄と嫁と塾側で三者面談があり、入塾テスト?の結果もを踏まえた話をしてきています。
テストの際に志望大学を記載したようで、何も考えていなかった兄は東大だの適当に書いてきたのですが、数学だけ東大A判定が出ており!オイ何だマジか的な展開に。
(他の教科では東大なんて無理だやめとけ的な結果なので、変な勘違いをしないようにしよう。。)

嫁的には塾はどこでも同じでしょ通いやすいし東進でいい、的な感じ。
すでに費用の計算をしている。

懸案事項だった一人でのパソコン授業といったところで、実際には他の受験生とのミーティングみたいのは定期的にあるので、孤独に勉強するという環境では無いらしいです。

兄は中学受験の時には日能研に通ってましたが、周囲との競争をゲーム感覚で楽しんでた印象があります。
日能研ではテストごとに成績順に席順やクラスが変わり、それが明らかに本人のモチベーションになってました。
今もそういう(男子小学生っぽい?)性格が兄に残ってるかはわかりませんが、少なくとも父としてはそういう環境こそ塾に求めてるんですよね。
大学の付属校にいるので、周囲が受験モードの競争的な環境にならないと、本人もたぶん勉強に身が入らない。そもそも受験への意欲がそう高くない兄なので。。

一方で、外部受験をするということは、大学への推薦を蹴ることを意味します。
先日、今年の大学入試の結果が出揃いましたが、特に首都圏私立は全体的に難化が顕著だったようすね。
この状況で、せっかくの推薦枠を捨てるのは、、、、という逡巡もあります。
(外部受験するには推薦を辞退する必要がある)

嫁は前のめりですが、、、

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村



結局その後、東進のお試し無料講座を受けてみる事になりました。
サイトを見ると(キャンペーン中なのね。)、なんかもう入塾を前提とした罠だろこれ的な流れになっており、後戻りできない感に若干の不安を感じつつ、兄は出撃してきました。

単に申し込めばいいってものでなく、テストを受けさせられ、その結果によって適切なレベルの講座に割り振ってくれるそう。

なんだよ試験かよとあからさまにイヤそうな兄を無理矢理送りだしたものの、1教科80分くらいの本格的な試験だったらしく、昼過ぎに出て帰ってきたのは夕食時でした。
この後、塾側との三者面談!があり、そこで授業の受け方とか詳細を考えるらしい。

両親ともこの辺の事情に疎く、調べるほど驚く事ばかり。
覚悟はしていたもののかかる費用がご無体な額。キビシイわー

あと塾に行かせようと思ったきっかけは、通っているのが大学の付属校なので、周囲に「受験生」がいないということです。みんなエスカレーターで上がるのです。

そういう意味では受験環境を求めての塾、という側面があったのですが、、
なんか最近は集団塾といっても、自習室みたいな場所で一人でパソコンで講師の授業動画を見るだけっぽい。。。

え?

「周囲の受験意識の高い学生を目の当たりにする」ことを期待していたのですがw、パソコンで一人授業?
それ、自宅で「スタディサプリ」で良くね?

ということは兄も思ったらしく、 スマホで比較サイトをかざしつつ費用の安い「進研ゼミ」でいいんじゃね?と言い出す始末。たしかに安いな進研ゼミ。。。

ただこれはイマドキは普通なのでしょう。各人の進度に合わせるという意味でも効果的です。
我々の時代とは情報環境が全く違ってるのですよね。

現時点でも、兄は数学とかでわからない問題があるとwebで検索して調べてます。
「こないだ数学で解き方わからない問題あったから検索したら、栄光ゼミナールのページで全く同じ問題質問してるヤツがいて、メッチャわかりやすい回答が載ってた」
と言ってました。
もう「栄光ゼミナール」行くか兄よ?




妹ちゃんの期末テストがおおむね返却されてきました。
親目線からは、あまりよい成績ではないといわざるを得ない感じです。。

さすがに本人的にも予想以上に悪かったようで、 ちょっとショックを受けているようでした 。

現在中2の娘ですが、成績という意味では入学以来ずっと低空飛行を続けており、さすがにちょっと本人とサシで話しました。
まあかなりユルい感じでですが、、

特に英語に関しては、勉強の仕方がわからない、という状態のようです。
以前から娘は先生との相性にうるさいというか、ダメな先生の授業は本当にダメで、どうも現在そういう状況のよう。
先生の好き嫌いではなく「教え方」の問題なので、家での勉強を見ていると本当に何をどうしていいかわからない感じで勉強してる。

今回話して、実は本人的にも「どうにかしたい」と思ってるのがわかったのはよかったです。
ちょうど春休みだし、新学期までに何か立て直しができるかもしれない。

ただもうちょっと早く言ってほしかったなー。父から見る限り、もう夏休み前にはこのような状態だったぞ。
それとなく助け舟を出す用意があるぞ的な事も言ったのですが、拒絶されてますしw

むろん本人的には自分のチカラで(例えば先生との相性とか)乗り越えたかったのでしょうが、1年を無駄にしたとも見える。
「わからないと思ったら必要以上に自力で解こうとせず、さっさと人に聞く」というのは、確かに正しいのです。

自分でなんとかしようとする姿勢は、成長途上にある彼女にとって素晴らしい事ですけどね。
(父的にその姿勢には人間として100点だ!)

ただ勉強、特に試験勉強なんて要領良くやったモノ勝ちだ、という側面が確かにあり、難しいところです。
つきつめると教育とは一体なんだ的な話になってしまう。しかし現実に問題なのは昨日返ってきたテストの点数で、、という。

まあ春休みは父と英語の勉強かな。中学受験以来だなこんなのは。

最近妹の就寝時間がどんどん遅くなってます。
一応宿題をやっていたりと遊んでる訳ではないのだが、さすがに中学生で12時を過ぎるのは良くない。
朝起きるのもツラそう。

一方、高校生の兄は11時頃にはすっかり寝ている事が多いです。
それはそれで早すぎないかと、自分の高校生のころを思いだしてみると、それこそ午前2時とか平気で起きてたんですよね。
それで思ったのですが、ウチでは原則夜9時以降はスマホ禁止なんです。
(最近はなし崩しに10時になってるけど。。。)

時間になったらスマホを自室に持ち込み禁止。リビングで充電します。

そう考えると、ヤツは自室でスマホ無しで何をしているのだ?
兄の部屋には、ラジオやCDラジカセなど父が高校生のころにお世話になった夜更かしグッズが何も無い。(たぶんイマドキの高校生はみんなそうでしょう)

一時期東野圭吾を寝る前に読みまくっていたが、それも落ち着き、、、、

要するに何もしてないんですね。スマホが無くなると自室にいてもすることがなく、すぐに寝てしまってる。だから11時には寝てる。
最近、若い人の寝る時間が早くなってるというニュースを見ましたが、こういう理由なのでは?

ただ高校生のこの時期、せっかく自室がありながらそこで一人ですることが無い、というのはいかがなものか。
自分の経験からも、深夜に自分だけの時間を無為に過ごすというのは、思春期には必要な事のように思います。

自分の中の「夜の部分」は、この時期だからこそ形成できることのように思うのですよね。それは子供の「子供ではない部分」です。この時期それを独自につくれないとヤバい気が。

健全は健全で結構なのですが、男子高校生たるもの健全ばかりが能でもないだろう、と元不健全高校生としては思う。まあ余計な心配かもしれませんが。




先日、妹ちゃんが宿題のプリントが見当たらないと騒ぎだし、一緒になって探しました。
妹の学校はプリント類を大量に配るので、時折こういうことがあるのです。

いろいろプリントをひっくり返していると、妹のテストの答案がでてきました。
テストというか小論文的なもので、社会福祉制度などについて自分の考えを論述させるという、最近よくあるタイプの問題。

普段は英語と数学以外の答案に目を通すことはないのですが、チラッと読んでみると、結構しっかりした論述。
しかも「私的な欲望」だの「社会的正義」だの厨二?な語彙をところどころ用いており(まあ実際中2ですがw)、なかなかに微笑ましい。

いやーウチのチビもこんなこと書くようになったか。
まだ保育園の頃に買ったクマと一緒に寝てるのに、もう中学生なんだよなー子供の成長は早いなー。

彼女の語彙に影響を与えているのはたぶん日本の近代文学で、なんか最近よく明治だの大正だのの文学を読んでます。
ええそうです「文スト」ですよ。近代文学の作家たちと同じ名前のイケメンがたくさん出てくる漫画です。

ちょっと前まで「赤毛のアン」とか「ハリーポッター」を読んでたはずなのに、気付けば太宰だの鴎外だの芥川だのを読んでいる。
さすがに中学生で太宰は早い気もするが、つかどこまでわかって読んでるのかも知りませんが、まあきっかけにはいいでしょう。

こういうのは自発的に読む機会なんてほとんどないものです。学生のうちに何らかの必要性にでも迫られないかぎり、社会人になって読むことは無いようなものです。必要が無いからです。
でも「教養」とはそういうものです。必要でも趣味でもないのに読む、という経験は得難く、貴重です。
(ちなみに妹には中学生のうちに「アンネの日記」を通読させるのが父の野望ですw)
完全版 アンネの日記 (文春文庫)
アンネ・フランク
文藝春秋
1994-04


そのうち日本橋丸善とか山の上ホテルとか関連スポットに連れていってみるか。田端には文学館があったはず。
妹の学校は都心にあり、日本近代文学って実はそこらへんを中心に狭い地域が舞台なんですよね。
本当は「文スト」のイケメンが好きなだけなんでしょうけど、まあ文学つながりで。

このページのトップヘ